ジスロマックは常備せよ!クラミジアを撃退する薬

むやみなセックスはしない

性病にならないためにパートナーとのセックスの際に、きちんと予防をしていますか?
感染リスクを下げるためにも、妊娠を目的としない場合、コンドームを付けてセックスの予防をきちんとしましょう。
性病とは感染症であり、セックスなどの性的な接触(キス程度で感染するものもある)や、血液に触れて感染します。
自然発生することはなく、性器を不衛生にしていたり、マスターベーションをしているからといって症状はでません。
またお風呂に一緒に入ったからといって感染することもありません。
感染してしまった際は、早期の治療が大切です。
感染症の種類は多くあります。
ですが、ほとんどの種類が治療可能なものとなっているので、症状が重くなる前に病院にいって治療しましょう。
パートナーがいる方は、パートナーも感染している可能性が高いので、一緒に受診することをおススメします。
自覚症状がでない場合もあるので、いつもと違いがあったり、不安に思うことがあっただけでも、時間に余裕があれば検査し予防していくことも大切です。
特に男性は風俗など利用される方もいるので、多少なりとも女性より感染のリスクは高いので注意してください。
コンドーム以外の対策として、相手を選ばず不用意なセックス(俗にいうワンナイト)やセックスの相手はパートナーのみに限定すること、そしてより安全なセックス(アナルセックスなどは控える)を心がけてください。
一度感染してしまうと完全にウィルスを死滅させることができないヘルペスや、場合によっては死に至るHIVなど非常にやっかいな病気もあります。
痛みやかゆみを伴った症状が多いので、日常生活に支障がでてしまう場合もあります。
女性では、妊娠や出産に影響がでてしまう人もいるので、生まれてくる子供にも感染のリスクがあり、危険な状態になったしまうこともあります。
特定のパートナーが変わった際にも感染リスクは高まりますので、恥ずかしさなどは捨てきちんと病院にいってください。
自宅でも検査できるキットのあるので、不安な方は試してみたください。