ジスロマックは常備せよ!クラミジアを撃退する薬

性病が巻き起こす症状

淋病は性病の一つで自然治癒しないため、必ず治療が必要な病気です。
こうした性病には感染して発病するまでの潜伏期間があります。
性交したからといってすぐに自覚症状が出るのではなく、しばらく経ってから症状が出るため、初めは原因がわからないというケースもあるのです。
この病気の潜伏期間は約一週間といわれていますので、性交をしてから一週間後くらいに自覚症状が出たらこの病気を疑う必要があるでしょう。
クラミジアはこの病気と同時に感染することが多いものですが、潜伏期間は3週間ほどといわれていますので、この二つの性病に感染していると症状が長引くこともあります。
潜伏期間中は自覚症状がないので、新たなパートナーとの性交をしてしまい、感染を広めてしまうこともありますので、注意が必要と言えるでしょう。
潜伏期間でもパートナーに性病を移してしまう可能性は大変高いものです。
特に淋病はキャリアとの性交で3割が感染してしまうという高い感染率の性病なのです。
この淋病の男性の自覚症状は激しく、排尿時の強い尿道痛に驚かれることがあり、すぐに病気を自覚します。
一方女性の方は、おりものが増えるくらいでなかなか初期症状を自覚しにくいので、性病を発見できないことも多いのです。
ただし女性のこの病気を放置してしまうと、不妊の原因になることもありますし、妊娠中に感染することにより流産したり母子感染を起こしてしまうこともあるので、大変注意したい病気と言えるでしょう。